紫外線・熱・風・雨などにより塗膜が劣化し、徐々に粉状へ摩耗していく現象です。
 劣化がはじまっているサインで、放置しておくと塗膜の防水性が失われていきます。
新築時のおよそ8分の1まで防水性が落ちているとも言われます。
チョーキング現象を見つけたら、早めの対策をご検討ください。